あっかたしこちゅ〜交流会に参加しました
1/25、東京・恵比寿で開催された四国中央市のUJIターン促進事業「あったかしこちゅ〜」の交流会に参加しました。

四国中央市に興味のある人、住んでみたい人を対象にしたもので、就職活動中の大学3回生を中心に1回生から4回生まで、他に専門学校生や転職希望者まで幅広い若者たちで会場はごった返しました。

あったかしこちゅ〜公式Facebookページ

聞いてみればなんとほとんどの人が四国中央市はおろか愛媛、四国とすらまったく縁がなく、関東生まれ関東育ちが多いのにびっくり。

でも、旅行したときに愛媛いいなと思ったとか、東京に凝りかたまらず全国に視野を広げたくてとか、明るくて前向きな若者が多くてホッとすることもできました。

四国中央市といえば全国一の製紙の町ですから、集まった企業もほぼすべて臨海部の紙関連会社というなか、霧の森だけ山の中の村おこしに取り組んでいるとあって逆に目立ち、いろんな若者が話を聞きに来てくれ、特産の新宮茶を使った村おこしの説明に耳を傾けてくれました。

何の縁故もない愛媛の山奥に飛び込むことは並大抵の決断ではないでしょうが、その勇気さえ持てれば、もうどんな試練さえもはねのけるパワーを持ったに等しく、自分で自分の将来をデザインしていける、そんな強い人になれるのです。

霧の森の扉をノックする若者が現れることを心から待っています。

1回生や2回生は、まず今夏の霧の森の住み込みインターンシップに参加するのもいいかもしれません。

とにもかくにも、霧の森いいなと感じた人は採用情報ページからエントリーするもよし、メールで問合せるもよし、まずはアクションを!

来月2/25には大阪で、企業がブースに分かれて説明するいわゆる合同説明会スタイルのイベントも予定されていて、霧の森も参加してさらに詳しく説明しますので、霧の森に関心のある人は大阪にも来るとよいかもしれません。

▲ 霧の森・霧の高原オフィシャルTOPへ ▲
リンク
最新情報を検索


RSS,Atomリンク
最近のニュース
カテゴリー
過去のニュース
モバイル